家族

飼ってる猫を皮膚病の脅威から守る方法を紹介

しつけのポイント

トイプードルは小型犬の中でも特に人気の高い犬種です。しっかりしつけをしていけば主従関係を築くことができます。指示に従うことが出来たらしっかり褒めながら、飼い主が犬より常に優位であることを教えていきましょう。

親兄弟と育ち健やか

柴犬のブリーダーでは、血統的にもしっかりし、親犬や兄弟と育った健やかな犬が販売されています。選ぶ時は、愛嬌があり喜んで近づいてくる明るい性格で、筋肉質で国家鵜のしっかりした犬が、性格も良く、健康で飼いやすい犬だと言えます。

ペットを守るために

猫

日頃から対策を

猫は、容姿が可愛らしく、それでいて飼いやすいペットとして人気が高まっていますが、可愛さを保つには日頃のケアはしてあげなくてはなりません。手がかからないと言われている猫でも、ケアをしてあげなければ皮膚病になってしまうリスクが高くなります。猫の皮膚病にはいくつか種類があるため、愛する猫を皮膚病から守るには、それぞれの対策が必要になります。猫の皮膚病として最もかかりやすいのが、ノミやダニによる皮膚炎です。何度も身体の同じ個所をかくしぐさをしていたら、虫刺されの可能性があります。ノミやダニは、まずかゆみを引き起こし、ひどいと地肌が見えるまでの脱毛を引き起こします。これを防ぐには、普段から猫がかゆがっていないかチェックしたり、ブラッシングをして皮膚に異常がないかを確認することが大切です。ノミやダニを見つけた場合は、動物病院に行って駆除してもらうことが必要です。それから、細菌やカビが原因となる皮膚病もあります。ストレスや老化により、皮膚の抵抗力が弱っていると、細菌やカビが悪さをして皮膚に炎症を起こす膿皮症という病気にかかりやすくなります。膿皮症になってしまったら、動物病院で抗生物質の投与をしてもらったり、薬用シャンプーを使ったりすることで対処します。ですが、膿皮症にならないことが一番なので、予防が大切です。猫がストレスをためない環境を整えてあげたり、ブラッシングや適度なシャンプーをして清潔を保ってあげたりすることが猫のためです。

飼い方も教えてもらえる

犬を販売している専門店は、最近とても増えてきています。特に、大型ショッピングモールにもペットショップが入るようになってきたので、購入しやすいと言えます。しかも、必要なグッズが売られていたり、飼い方を教えてもらえたりすることもあって楽です。